【特撰・上撰・佳撰 の違い】

特撰・上撰・佳撰というのがありますが、これには定められた基準は存在しません。なぜならこれは戦前の級別制以前のランク付けの名残だからです。
特撰は旧酒税法の特級、上撰は一級、佳撰は二級であるとされています。しかしながら、これは製造元がそれぞれ勝手に定めているので、酒蔵によって種類がバラバラです。同じ佳撰であっても、本醸造酒だったり普通酒だったりします。
現在は酒類審議会による官能審査も、基準アルコール度数もありません。

スポンサーリンク


よって値段だけが特撰・上撰・佳撰 の違いといえます。
味についても同じ蔵元の製品ならば、ランク通りだと言えます。しかし、他の蔵元と比べた場合は個人の好みに大きく左右されるでしょう。
結論としては、あまり意味が無いといえるでしょう。